So-net無料ブログ作成
検索選択

椎名林檎の「nippon」の歌詞が 批判されている? [音楽ニュース]

140512_ringo_01-500x397[1].jpg

http://www.soccer-king.jp/news/japan/japan_other/2... 

椎名林檎さん の新曲「NIPPON」歌詞の内容についていろいろとネット上で
議論が起きているようですね。

この椎名林檎さん 「NIPPON」という曲はFIFAワールドカップ
ブラジル大会が迫る中 2014年のNHKサッカーテーマ曲に選ばれた
曲なんです。。

私は昔から椎名林檎さん のファンなのでまったく歌詞に違和感は
感じられませんでしたが・・・・・・・・・・どこがダメなんでしょうね??

なんでも批判の内容はさまざまで
歌詞の一部に出てくる
「この地球上でいちばん混じり気のない気高い青」というところをさして


純血思想を連想させるなどなど・・・・

またその一方で

「気持ちに混じり気がないという解釈はできないのか」

「最近変な方向に政治が傾いて そういう意識に過敏になるのはわかりますが
 この曲はあくまで勝負師の気持ちだと思います」

といったような反論の声も多いようで

私も
ちょっと過剰に敏感になりすぎているのではないでしょうかねーって
思っちゃいますが・・・!!!
純粋に日本代表を応援する気持ちで椎名林檎さんも書き下ろされただけだと
思うのですが・・みなさんはどう思われますか??

しかしながら 現地でがんばっている選手たちはそれどころではないでしょうから
そんな選手たちを日本から純粋にこの曲を聴いて 気持ちを高め
精一杯 熱い応援の気持ちをおくる・・・・ですよね!

まあなんといっても
選手たちの気持ちに影響が出るような問題にならないようにしてほしいものです。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
i

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。